茂平谷滝 >> 落差 15m 2008/10/28
黒光する岩肌を滑り落ちる様に流れる滝水。
落差はそれ程ありませんが独特の雰囲気を醸し出しています。
海上公民館前の案内マップにも写真が貼り付けてありました。
ちょっとアングルを変えて・・・
滝口の様子。
滝壺の様子。
2009/07/06

昨年の秋に続いての二度目の訪問になります。
もう少し水量を期待していたのですが・・・(:>_<:)

前回は簡単に辿り着けたこの滝も今回は一苦労しました。
下草が茂り滝見道が全く判らない、下草を掻き分け、掻き分けやっとの思いで滝まで。
この時期、この滝へのアタックは余りお勧め出来ません。


滝口の様子。
思いっきりPーカン。
漆黒の岩肌、流れ落ちる滝水、
草木の緑、良い感じです。
周辺を緑で覆われているこの滝、漆黒の岩肌を滑り落ちる滝水。
良い感じですがチョット異様な雰囲気をも醸し出しています。
2010/06/28

一年振り三度目の訪問になる茂平谷滝、滝周辺は変わりなかったが滝までの滝見道が大きく様変わりしていました。
樹木は伐採され滝見道の下草は刈り取られ何と道路から滝が見える様になっていました。
近々新温泉町の主催で滝見ツアーが行われる為手入れされたものと思われます。
今の時季の滝見は樹木や草が茂り大変なのですが・・・有り難い事です。
新温泉町、上山高原周辺の滝巡りは今がチャンスかも?

三度目の訪問ですが水量は何時もこの位、これが普段の水量なのでしょね。。
今回は特に滝周辺の緑が綺麗でした。
茂平谷滝、モノトーンの世界です。
2011/10/17
漆黒の岩肌を流れ落ちる白き滝水…何度か訪問している茂平谷滝ですが今回が一番の水量です。
右岸からアングルを変えながら・・・黒光りした岩肌が何とも云えず良い感じです。
左岸から・・・滝前の楓が倒れていました。
台風の影響でしょうか?
滝周辺の様子・・・滝見道の草が綺麗に刈り取られ滝までは容易に行く事が出来ました。
が・・・滝前が殺風景になりちょっと味気無くなった気がします。
2015/09/14
前週の台風の影響で新温泉町はかなりの降雨量だったと滝友から情報を頂き
上流の滝探索も兼ねて四年振りに訪れてみました。
滝幅一杯に流れ落ちる滝水・・・何度も訪れていますが初めて見る滝姿にちょっと感動です。
滝落ち口から見下ろして見るとこんな感じ。
初めて見る上段の滝。
谷入口の石柱に二段の滝と刻まれていたが・・・納得です。
滝幅一杯に滝水が流れ落ちるとこう言う滝姿になるのですネェ・・・美しい!
シシウドと滝の競演。
最近は訪問される方が多いのか滝見道、滝前共によく整備されて
気持ち良く撮影する事が出来ました。
撮影ポイントはしっかり踏み固められて・・・
たかがシシウドですが・・・一期一会の出合、それにしても良いタイミングで訪れたものです (^O^)♭♪
茂平谷 二の滝へ>> 
滝名の刻まれた石柱。
茂平谷入渓口。
滝名の刻まれた石柱と石灯籠が立っています。
所在地 海上
訪滝案内  Googleマップ検索コード  35.485244,134.448661

国道9号を新温泉町から鳥取方面へ。
出合橋交差点を過ぎて蒲生峠手前左に「おもしろ昆虫化石館」がありそこで左折県道262号へ入る。
やがて「上山高原」方面への分岐があるのでそこで右折し海上地区を目指します。
海上集落を抜けて道なりに進むとやがて道路右手に「桂の滝」「シワガラの滝への渓谷入口があります。
滝はその入口から更に林道を300mほど進んだ所で左に大きくカーブする所が茂平谷入口です。
目印はカーブの右側に大きな石灯篭が立っているのですぐ解ると思います。
石灯篭の左から滝見道に入って30mぐらいの所に滝は架かっています。
カーブ手前が広くなっているのでそこに駐車出来ます。
2008/10/28


おっ!とっと兵庫Homeへ >> 新温泉町滝Mapへ >> 新温泉町の滝Topへ >> ページTopへ >>